« 2007年2月18日 (日) | トップページ | 2007年2月20日 (火) »

2007年2月19日 (月)

■ザガイン/ミャンマー 36ヶ国、125都市目(208日目)

午前中はマンダレー王宮を見学。

 

かつての王宮はイギリスとの戦争により木造の建物は全て破壊されました。

残っているものは城壁のみで、建物は近年復元されたもの。

 

ちなみに今は一部が軍の施設として使われているため

セキュリティーチェックが厳しい。

 

この王宮は観光客が少ないのですが

今日もまたブータン王妃御一行様と遭遇しました。

 

 

Rep1410362王宮中心部の塔。

謁見の間や控えの間などが中に。

 

 

 

 

 

 

Rep1410399当時の王様は妃が何と100人以上いたとか。

そして妃一人につき一棟の住居が与えられたそう。

写真はその住居群。

 

 

 

 

午後はマンダレー近郊のザガインへ。

1760年から4年間だけ王都になった街。

 

Rep1410360小高い丘に無数のパゴダが建てられています。

 

 

 

 

Rep1410627丘の斜面に立つ、ウーミントンゼーパゴダ。

45体の仏像が並ぶ。

 

 

 

 

Rep1410533丘の麓のカウンムードパゴダ。

45mの高さのお椀のような形態。

 

 

 

Rep1410546青い空に白い仏塔が眩しい。

 

 

 

   

 

 

Rep1410508ある寺院の一角にて。

日本で言う賽銭箱なのですが、

 

 

Rep1410504コレ、回転しています。

メリーゴーラウンドのように。

回転する鉢の中めがけてお金を投げ

入れば願いが叶うらしい。

 

子供より大人のほうが夢中になって、何度も寄進していました。

 

賽銭の様子↓(動画)

 

 

 

Rep1410523帰りの道中の土産物屋にて。

マンダレー名物の操り人形。

少々オドロオドロしい顔つき。

 

 

 

●●旅のコラム9●●

Made in JAPANの威力-

 

旅の持ち物の中で、これは絶対日本製が良い、というものが多くあります。

正確には、「Made in JAPAN」ではなく、「日本で売られている製品」ですが。

 

よく耳にするのが、ボールペン。

これは絶対日本製が一番良い。値段、書き心地からしても。

あんなに安くてしかも長く使えるボールペンは、世界中探せども日本製以外に無いです。

海外で売られているものは、ヘタすると2本に1本は、使用後2,3日で書けなくなる。

 

あとは、背中洗い用のナイロン製タオル。

コレ、意外にも海外ではまず買えません。

一度ギリシアで売っているのを見ましたが異常に高かった。

 

また、電気機器全般。

日本の誇る家電メーカーの製品は、海外では非常に高い。

日本の量販店での価格が激安であることによるのだろうけども、

特に日本でも少々お高いSONY製品は、海外では約2倍から3倍の値段などはざら。

会う人に、持参しているノートパソコンの値段を言うと皆その安さに驚いていました。

外国人旅行者が秋葉原などに買い物に立ち寄る理由が良く分かります。

 

そして車。

今多くのアジアの国では日本の中古車が市場に出回っています。

ここミャンマーでも日本製の車が、日本での現役時代を終え

2、第3の人生を送るべくコキ使われていますが

相当古い車でも故障することなくエンジン音を高鳴らせ走っています。

 

これぞ「Made in JAPAN」の真髄。

 

« 2007年2月18日 (日) | トップページ | 2007年2月20日 (火) »