« 2007年2月 8日 (木) | トップページ | 2007年2月10日 (土) »

2007年2月 9日 (金)

■ブルーマウンテンズ/オーストラリア 34ヶ国、119都市目(198日目)

シドニー市内からバスで2時間のブルーマウンテンズへ。

日本語ツアーに参加しました。

 

国立公園内にある大渓谷。

山や渓谷が青みがかって見えるところから名付けられたそうですが

これはユーカリの油分が空気中に漂っているためだとか。

 

Rep1380584展望台からの眺め。

今日は天候も悪く、青みがかった様子は分からず。

 

 

 

Rep1380580断崖絶壁。手摺も何もなく危険。

しかし皆ギリギリのところまで出て

記念撮影をしていました。

 

海外のこのような観光スポットでは

だいたい手摺などありませんね。自己責任ということで。

 

 

 

その後ツアーは自然動物園の

「フェザーデール・ワイルドライフパーク」へ。

 

ここではオーストラリア固有の動物、

カンガルー、ワラビー、コアラ、エミューなどが放し飼いになっています。

 

Rep1380690カンガルー発見!

一応柵はあるのですが、乗り越えて出てきます。

まさしく放し飼い。

餌付けもできます。

 

Rep1380742人に慣れているせいか近づいてきます。

触っても逃げません。

 

 

 

 

 

 

Rep1380869 コアラ発見!

係員が餌付けのために外へ出してくれました。

触ったり、写真撮影は自由。

コアラも人に慣れているようでした。

 

けっこう機敏に動くコアラ↓(動画) 

 

Rep1380857どアップ。

 

 

 

 

 

朝から自然を満喫した1日となりました。

 

 

| コメント (0)

●●旅のコラム6●●

-水と安全がタダの国-

 

日本は水道水が飲用できる、世界でもまれな国。

水がタダといわれる所以です(正確には違いますが)。

世界の多くの国では、水道水は飲料としては飲めせん。

 

よって旅行中は日本にいる時よりも、断然ペットボトルの水にはお世話になります。

国によっては、ビールやワイン等のアルコール類より値段が高いので

買うのに抵抗がある場合も多々あります。

それを理由に、ついついビールばかり飲んだ日々が続いたこともありましたが。

 

 

余談ですが、ペットボトルの大きさは国により様々で、

基本は日本でもよく見かける500mlのものが多いのですが、

たまに650mlという、中途半端な大きさのペットボトルも見かけました。

 

アメリカやオーストラリアはこの650mlが主流。

1人が一回に飲む量として500mlでは少なすぎるのでしょうか。

 

 

また、治安に関しても日本は限りなく安全な国の一つ。

南米では夜歩きは当然のことながら、日中でも徘徊するには危険な地区が多々あり、

よく現地ガイドの人には注意されていました。

 

最近は日本でも凶悪事件などのニュースを良く耳にしますが、

南米などでは日本で言う凶悪事件などは日常茶飯で、

ニュースにすらならないと聞きます。

 

そのため、安全をお金で買うという意味で、南米で治安の悪い都市では

少々高い金額のホテルになっても安全な地区に宿泊していました。

 

そう考えると日本では安全もタダ同然ですね。

 

 

蛇口をひねれば飲用の水が出て、夜遅くまで女性が一人で歩ける国。

そんな国は世界中探しても、日本しかありません。

| コメント (0)

« 2007年2月 8日 (木) | トップページ | 2007年2月10日 (土) »