« 2006年12月29日 (金) | トップページ | 2006年12月31日 (日) »

2006年12月30日 (土)

■カラファテ/アルゼンチン 27ヶ国、101都市目(157日目)

昨日宮里さんに手配していただいた現地ツアーに参加。

 

「ペリト・モレノ氷河」はここカラファテを基点として訪れる代表的な観光地。

世界遺産登録されている「ロス・グラシアレス国立公園」の中にあります。

 

氷河を眺めるだけではなく、氷河の上をトレッキングできるツアー。

氷河へはバスで2時間ほど。

 

朝から天気は優れなかったのですが、だんだん雲行きが怪しくなり

到着の頃には強い雨。

この夏の時期、昼間日光が出ていれば気温は20℃にもなり

Tシャツ1枚でも大丈夫とガイドブックにも書いてあったのですが。

 

トレッキングを始める頃には、なんと雪。。

最初の雨でかなりずぶ濡れになり

凍えるような寒さの中氷河の上を歩く準備。

 

Rep1310771靴の上からアイゼンを履きます。

 

 

 

 

Rep1310762トレッキング開始。

 

 

 

 

Rep1310794所どころ氷の裂け目があり、

足元に気をつけながら11歩進みます。

 

 

 

Rep1310785透きとおるような

鮮やかなブルーの裂け目。

 

 

 

Rep1310809氷河の上を歩く、という貴重な体験。

しかし雪はさらに強く。。

 

 

 

Rep1310845 トレッキング最後には

氷河割りのウイスキーのサービス。

皆で乾杯!

 

 

 

Rep1310896トレッキングが終わると、

今までの雪が嘘のように

晴れ渡りました。

 

 

 

午後は氷河を展望台から見学。

 

目の前に広がる氷河のパノラマ。圧巻!

Re66  

 

 

 

 

 

 

展望台では約1時間とって、氷河の崩落を待ちます。

氷河の下部で起こる小崩落は10分に1度ほど。

きしむような音が鳴ると崩落の前ぶれ。

何せ氷河は横に広いので、どこで崩落が起こるか

皆耳をすまして凝視しながら待ちます。

 

Rep1320025崩落直後の瞬間!

写真ではちょっと分かりづらい。

右側角が大きく崩壊しました。

 

 

雷のような轟音とともにしぶきが立ちます。

その時を待っていた人たちは拍手喝采!

 

また別のところでも小崩落が起きました。

迫力がイマイチ伝わりづらいのですが。。

音は凄まじいのです。

 

小崩落の瞬間↓(動画)

 

ただし、何年かに1度起こるいわゆる大崩落は

1988年を最後に起きていないそう。

今日の崩落だけでもものすごい迫力だったのに、

その大崩落とはどれほどのものなのでしょうか。

 

Rep1320093黒く見える筋は、氷河が動くときに

周囲の岩盤を削り取り堆積したもの。

 

 

 

Rep1320117どこまでも続く大氷河。

壮大な景観。

 

 

 

 

 

 

後半は天気も良く、満足のツアーとなりました。

| コメント (0)

« 2006年12月29日 (金) | トップページ | 2006年12月31日 (日) »