« 2006年12月 1日 (金) | トップページ | 2006年12月 3日 (日) »

2006年12月 2日 (土)

■クスコ/ペルー 24ヶ国、93都市目(129日目)

早朝6時のフライトでクスコへ向かうため、4時半に空港へ。

 

クスコの飛行場はレーダーが無く、パイロットの有視界飛行で

午前中クスコは濃霧に包まれるために早朝の便を多く使うそうです。

霧の多い日はフライトのキャンセルが続出するそう。

 

今日は問題なくクスコに到着。

ここは3400mの高地。

 

Rep1270172_1ホテルには酸素ボンベが常備。

チップをはずめば、それだけ長く吸わせてくれるそうな。

 

 

エクアドルのキトで高山病は体験済みのせいか

目立った症状は出ず、午後から現地ツアー会社の市内観光に出発。

 

Rep1250896市の中心、アルマス広場に面して建つカテドラル。

多くの人で賑わっています。

 

 

 

クスコはかつてのインカ帝国の首都。

インカ時代の名残が街中のいたるところに残っています。

 

Rep1250928「カミソリの刃一枚も通さない」と言われる

インカの石組み。

 

 

Rep1250953近郊のサクサイワマン遺跡。

かつての要塞の跡。

 

 

Rep1250944高さ約5メートルもある巨石が。

人の大きさと比べるとその巨大さが分かります。

 

 

Rep1260016タンボ・マチャイ遺跡。

インカ時代の沐浴場で

雨期・乾期を問わず一定量の水が湧き出る。

 

 

Rep1260025夜のアルマス広場。

町全体がオレンジ色のライトアップで美しい。

 

 

 

午後の市内観光の無理がたたったのか

夜に高山病の症状の頭痛と倦怠感が。

夕食をとりに出かけることもできず、

 

胃にやさしい食事を、と日本から持参した

数少ない非常食のおかゆを食し、安静にしてました。

 

Rep1260046それにしても高地ではパック類は

みなこんな感じにパンパン。

 

 

 

 

 

今日のHOTEL: <Novotel Cusco > ■■■■■+■

15世紀の古い建物を改修した高級ホテル。

 屋根付のパティオに面して部屋が配置され、

 毎日フォルクローレの生演奏が。

 高山病に効くというコカ茶が無料で飲めるのも◎。

 設備、雰囲気、スタッフのサービスなど、

 どれをとっても文句の付けようがない素晴らしいホテル。

 ということで■5つを超えてプラス16つ!)

| コメント (0)

« 2006年12月 1日 (金) | トップページ | 2006年12月 3日 (日) »