« ■ガラパゴス諸島・プラザ島/エクアドル 23ヶ国、83都市目(119日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・フロレアーナ島/エクアドル 23ヶ国、85都市目(121日目) »

2006年11月23日 (木)

■ガラパゴス諸島・サンタクルス島/エクアドル 23ヶ国、84都市目(120日目)

サンタクルス島へ上陸し、「チャールズ・ダーウィン研究所」を訪問。

 

ダーウィンの研究を受け継いで様々な国から各分野のエキスパートが集まり

動物観察や保護を目的として活動しています。

特にカメの飼育と研究が盛んで、

多くのゾウガメが園内に放し飼いされています。

 

Rep1240779初めて見るゾウガメに

皆興味深々。

基本的にあまり動かないのですが

動くときはけっこう機敏なものも。

 

動くゾウガメ↓(動画)

 

ゾウガメは島により固有に進化した典型的な動物で

甲羅の形により「ドーム型」と「鞍型」の大きく2種類に分けられます。

ちなみにガラパゴス諸島の「ガラパゴ」というのはスペイン語で「カメ」のこと。

17世紀に訪れたスペイン人があまりものその多さに「カメの島」と名づけたそう。

 

Rep1240797体長約1.5メートル

体重約270kg

寿命は200歳くらい。

 

野生のゾウガメは臆病な動物ですが

ここで飼育されているものは人に慣れている様子。

 

Rep1240795何かに似ていると思ったら、、、

ET.」?

 

 

Rep1240819赤ちゃんのゾウガメが飼育されていました。

体長20センチほど。

 

 

 

Rep1240820生まれるとすぐに甲羅にナンバーが彫られ、

マイクロチップを埋め込んで管理するそうです。

 

 

 

Rep1240798ピンタ島に最後1頭残った通称「ロンサム・ジョージ」。

推定80100歳。

何度も交配を試みるも失敗し、

彼が死ぬとまた島固有の一種が絶滅するそうです。

 

Rep1240831研究所内にて動物の進化の過程を

レクチャーしてもらいました。

 

 

 

 

午後は野生のゾウガメの観察。

 

Rep1240883のらゾウガメがそこかしこに!

約1時間の見学で10頭以上見られました。

 

 

 

Rep1240881本来、ゾウガメは非常に臆病な生き物。

人が近づくとすぐに首を引っ込め、

「ブシューッ」!と警戒音を鳴らす。

 

 

Rep1240875甲羅の上に乗るベニタイランチョウ。

この2人はいつも仲良し。

朱色が鮮やか!

 

 

 

本日で34日コースの人達とはお別れ。

7泊コース組はまだまだ多くの上陸観察が続きます。

« ■ガラパゴス諸島・プラザ島/エクアドル 23ヶ国、83都市目(119日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・フロレアーナ島/エクアドル 23ヶ国、85都市目(121日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ガラパゴス諸島・プラザ島/エクアドル 23ヶ国、83都市目(119日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・フロレアーナ島/エクアドル 23ヶ国、85都市目(121日目) »