« ■キト/エクアドル 23ヶ国、80都市目(116日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・ヘノベサ島/エクアドル 23ヶ国、82都市目(118日目) »

2006年11月20日 (月)

■ガラパゴス諸島・バルトロメ島/エクアドル 23ヶ国、81都市目(117日目)

本日から78日で、ガラパゴス諸島へのクルーズに参加。

 

キトからの飛行機は早朝7時半のフライトのため、朝6時にホテルを出発。

せっかくの5つ星ホテルも満喫できないままキトを後にしました。

 

飛行機は途中グアヤキルを経由して、約2時間半でガラパゴスへ到着。

入島税の100ドル(高い!)を払って上陸。

 

ガラパゴス諸島はエクアドルの沖960kmに浮かび、

島の70%が国立公園に指定され、世界遺産でもあります。

ダーウィンの『種の起源』が刊行されて注目され、

生物進化論の展開のきっかけとなったガラパゴス固有種の

多くの動植物が生息しています。

 

Rep1230941 早速、港でアシカのお出迎え。

 

 

 

Rep1230953 空港のあるバルトラ島からボートで

クルーズ船へ向かいます。

 

 

 

Rep1230954クルーズ船の「シーマン号」。

16人乗りの小型船。

 

 

 

Rep1230969 二段ベッドで狭い船室。

 

 

 

 

 

 

 

Rep1230960 一応、各部屋にシャワーとトイレは付いています。

写真で見るほど広くはありません。

 

 

 

 

 

 

Rep1230978 ダイニングルーム。

 

 

 

 

Rep1240204 船屋上のサンデッキ。

 

 

 

 

参加者は総勢16名。

スウェーデン、オランダ、ドイツ、オーストリア、アメリカ、エクアドルなど

様々な国から、年齢層も幅広く、多彩な顔ぶれ。

私たちは唯一のアジア代表。

 

Rep1240010まず避難訓練がありました。

万が一のときはこのライフジャケットが命綱。 

 

 

 

 

この日の午後から早速最初の停泊地、バルトロメ島での上陸観察。

 

Rep1240152中央はガイドのモリーシアさん。

通称「モリー」。

 

 

 

ガラパゴスのガイドはナチュラリストと呼ばれ、

動物の生態や地理を熟知した専門家。

毎年約5万人訪れる観光客に対し300名のナチュラリストが

対応しているそうです。

 

豊かな自然を守るため、ガラパゴスの滞在中には様々なルールがあります。

 ・ 島内にゴミを捨ててはいけない。

 ・ 決められたルートを外れて歩いてはいけない。

 ・ 動物に1メートル以上近づいてはいけない。

 ・ 動物に触ってはいけない。

 ・ 自然に存在するものはいかなるものも持ち帰っててはいけない。

 ・ 島内はもちろん禁煙。     などなど。

 

これらの決まりを守って、いざ見学スタート。

 

Rep1240142いきなりいました、

ウミイグアナ

 

 

 

Rep1240125ガラパゴスペンギン

 

 

 

 

珍しい動物に、みんなシャッターを切りまくりです。

 

Rep1240070スノーケリングにて。

多くの魚が見られます。

 

 

 

Rep1240188ガラパゴス初日の夕景。

長く都会ばかりを旅して来ただけに

この風景は癒されます。

 

 

スケジュール的には

 

7時に朝食、午前中に上陸観察。

正午に昼食。午後に上陸観察。

7時に夕食。

 

を繰り返します。

結構ハードなスケジュール。

 

そしてこのシーマン号、小型船だけあってかなります!

毎日酔い止めの薬が必要な予感。

« ■キト/エクアドル 23ヶ国、80都市目(116日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・ヘノベサ島/エクアドル 23ヶ国、82都市目(118日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■キト/エクアドル 23ヶ国、80都市目(116日目) | トップページ | ■ガラパゴス諸島・ヘノベサ島/エクアドル 23ヶ国、82都市目(118日目) »