« 2006年10月18日 (水) | トップページ | 2006年10月20日 (金) »

2006年10月19日 (木)

■リスボン/ポルトガル 21ヶ国、62都市目(85日目)

Rep1180265 午前中に「カタルーニャ音楽堂」を見学。

「サン・パウ病院」と同じモンタネールによる設計。

現在でもコンサートホールとして使われ、

世界遺産にも登録されています。

 

英語によるガイドツアーで1時間の見学。

内部は残念ながら写真撮影不可でしたが

非常にきれいなステンドグラスと彫刻、シャンデリアで覆われています。

 

 

夕方からポルトガル首都リスボンへ移動。

ワンワールド航空券ではなく、別口で1週間ほど前にインターネットで購入しました。

 

Rep1180295 スペインに参入したまだ新しい航空会社、「vueling.com」。

一見、メディア系企業かと間違えそう。

 

 

「シンプルなサービス」による徹底したローコスト戦略。

店舗による航空券の発券は無し。すべてインターネットのオンラインによる個人購入。

予約番号をカウンターで伝えて搭乗券のみもらいます。

 

機内サービスは水1杯からイヤホンに至るまですべて有料!

フライト時間により、早朝や深夜などの便ほど料金は驚くほど安くなります。

 

搭乗したバルセロナ~リスボン便などは、フライト時間は2時間ほどですが

最安で30ユーロ(4500円)ほど。

中にはバルセロナ~マドリッド便、15ユーロ(2300円)などという破格設定も。

空港から市内へタクシーを使うより安い!

 

ヨーロッパにはこのような航空会社が他にも34社ありますが

企業ロゴのデザインの斬新性や、その徹底した営業戦略で

他企業との差異化を図っています。

 

機内サービスが無いだけで、もちろん乗り心地などは普通の航空会社と変わらず。

長距離ではないのでこれで十分。

今後もこのようなコンセプトがスタンダードとなっていくでしょう。

 

 

リスボンには夜遅く9時頃到着し、空港バスもなくなったので

仕方なくホテルまでタクシーを利用したのですが、

降りる時になって釣りをごまかされ、

猛烈な抗議により何とか取り返しました。。

 

日本人としてなめられてるだけでは不本意のため、

去り際に車のドアを蹴飛ばしてやり、一件落着(?)。

もっと悪質なドライバーは多くいると思うので、

取り返せただけでもまだよかったほうでした。

 

 

今日のHOTEL: <VIP ZOURIQUE> ■■■■□

(団体客も利用する、大規模なホテル。

 市内中心部から離れているせいか、設備の割に格安。)

 

都市の物価:  水500ml 0.5ユーロ(75円)

          コーラ500ml 1ユーロ(150円)

          ビックマック 2.65ユーロ(390円)

| コメント (0)

« 2006年10月18日 (水) | トップページ | 2006年10月20日 (金) »