« 2006年8月18日 (金) | トップページ | 2006年8月20日 (日) »

2006年8月19日 (土)

■オシフィエンチム/ポーランド 9ヶ国、13都市目(24日目)

午前中にクラクフ市内を散策。

ワルシャワを東京に例えるならば、ここクラクフは京都といったところ。

第二次大戦中もドイツの司令塔が置かれていたために戦火を逃れ、

今でも中世の趣が美しく残っている街です。

Rep1050446 旧市街の中央市場広場は総面積4万㎡。

中世からそのまま残っている広場としてはヨーロッパ最大だそうです。

観光客も多く、見所も多いようでしたがあまり時間も無く駆け足で。。

 

 

午後はクラクフから電車で2時間のオシフィエンチムへ。

世界遺産にも登録されている「アウシュビッツ強制収容所」があります。

日本語ガイドの中谷さんという方が博物館の専属ガイドとして働いており、

あらかじめ予約をしておいて約3時間にわたり案内していただきました。

 

Rep1050498 ここの見学は非常に貴重な経験でした。

ガイド無しで見学していたら、壮絶な展示品などに

戦争の悲惨さを感じるのみで終わっていたかもしれません。

どのような背景からこのような惨劇が起きたのか。

なぜ人間の心理が巧妙に操作されて虐殺が正当化し、

人々が時代の趨勢にのまれていったのか。

そして人間の奥底に潜む差別感と心の脆弱性についてなど。

展示の説明のみならず、見学者に改めて人間の心とは何かを問う内容に

改めて戦争と政治と宗教の関係を深く考えさせられました。

 

 

ガイドさんの説明の様子↓(動画)

 

ガイドさん曰く、アウシュビッツを訪れる日本人の観光客は

他の国に比べ極端に少ないとのこと。

地理的な事情もあるかとは思いますが、

同じアジアでも韓国人は日本人の3倍以上来ているそうです。

 

ドイツなどの近隣諸国を訪れた際にはぜひポーランドまで足を伸ばして

このアウシュビッツを見学することをお勧めします。

| コメント (0)

« 2006年8月18日 (金) | トップページ | 2006年8月20日 (日) »