2007年2月 2日 (金)

■ニューヨーク/アメリカ 33ヶ国、115都市目(191日目)

シドニーへ立つ前に、午前中はニューヨーク最後の観光、グッゲンハイム美術館へ。

 

アメリカの建築家「フランク・ロイド・ライト」の代表作のこの美術館。

カタツムリのような渦巻きの真白な外観で有名なのですが。。

 

Rep1370307何と外観改装中!

足場で囲われ全く姿が見えず。

 

 

 

Rep1370317外壁の塗装も見事に剥がされ

無残なコンクリートむき出しの姿に。。

 

 

 

Repicture_guggenheimmuseum_001_h元の美しい姿はこんな感じです。

 

 

 

幸い美術館自体はオープンしており、早速中へ。

 

Rep13703131階のホールから天井を望む。

吹き抜けに面して渦巻きのスロープがあり

そのスロープの通路沿いに展示物が並ぶ

独特の見学順路の美術館。

 

 

 

 

Repicture_guggenheimmuseum_003_h通路からの写真撮影は禁止だったので

美術館を紹介しているホームページから

 

 

ライト晩年の作品で、彼は完成を見ることなくこの世を去りました。

 

  

ライトの作品の多くはアメリカ国内にあり、海外には少ないのですが

日本にも数作品を残しました。

 

古くは『旧帝国ホテル』(現存せず)。

玄関ロビーのみが愛知の明治村に移築保存されています。

その他現存するものは兵庫の『山邑邸』(現・ヨドコウ迎賓館)、

東京池袋の『自由学園明日館』があります。

 

ちなみに私たちふたりは帰国後、この『自由学園明日館』にて挙式予定。

この新婚旅行が先になってしまったのです。

 

 

ホテルへ戻りチェックアウトを済ませ空港に。

ロス・アンゼルスを経由して、再び真夏の地、シドニーへ。

  

 

| コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

■ニューヨーク/アメリカ 33ヶ国、115都市目(190日目)

自由の女神を見学にロアー・マンハッタンへ。

 

マンハッタンからスタテン島へ行くフェリーは約25分。

市民の足となっており、何と無料。

このフェリーが自由の女神の近くを通るので、観光客も多く乗り込んでいます。

 

Rep1370136ロアー・マンハッタンを出発。

昔はこの景色からワールド・トレード・センターの

高い2本のビルが望めたのですが。。

新しいフリーダム・タワーは2010年以降の完成。

 

Rep1370190自由の女神像が望めました。

ニューヨークへ来たことを実感する一瞬。

 

 

 

Rep1370181スタテン島に到着。

対岸からマンハッタンを望む。

島自体は特に見学すべきものは無く、

再びマンハッタンへ来た道を戻りました。

 

 

 

昨年のオープン以来、ニューヨークの新名所となったアップルストアへ。

 

Rep13702121階はガラスのボックスとなっており入口のみ。

店舗は地下1階にあります。

 

 

 

Rep1370228店舗内部から見た

ガラスのエレベーターと階段。

 

 

 

 

 

 

Rep1370225ところ狭しと並ぶマック製品の数々。

店舗デザインと共にディスプレイも秀逸。

 

 

 

100台以上のMacと200台以上のiPodを常備。

300人以上のMacエンジニアが無料でサポート。

そして24時間営業。

これからも話題を呼びそうな店舗です。

 

 

Rep1370264その後、今夜も2晩連続でのニュージカル鑑賞。

定番の『オペラ座の怪人』。

今日のチケットはインターネットで

半額で販売していました。

 

前から3列目、迫力のステージ。

 

 

Rep1370258鑑賞後は夜11時を回っていたのですが

ニューヨークの街は眠ることを知らず

ネオンが輝いていました。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2007年1月31日 (水)

■ニューヨーク/アメリカ 33ヶ国、115都市目(189日目)

昨晩から未明にかけて、ニューヨークは雪。

どおりで寒いと思いました。

 

Rep1370203セントラルパークもこの雪模様。

 

 

 

 

 

Rep1360977今日は午前中からニューヨーク近代美術館(MOMA)へ。

一昨年のリニューアルオープンで話題のこの美術館。

改修は日本の建築家、谷口吉生氏です。

 

 

アメリカ、いや世界を代表する美術館の改修に

日本の建築家が設計に携わるとは、非常に名誉なこと。

 

谷口氏の作品は東京では葛西臨海水族館と展望台、

上野の法隆寺宝物館などで見ることが出来ます。

 

Rep1360962各展示ホールで、ニューヨークの風景を切り取るような

大きいガラス窓が。

絵画鑑賞の合間に外を眺めることができ

これも一つのアート作品のよう。

 

 

 

 

Rep1370022改修の中心であった中庭は

昨晩の雪で床が滑り、見学できず。

 

 

 

 

 

その後、夜のミュージカル鑑賞のためチケットを買いに。

 

ブロードウェイの公演で当日券の余りを半額で売り出す

tkts」の販売は、急に時間が空いた時などの鑑賞に便利。

 

長蛇の列だったのですが、並ぶのが屋外で凍えるような寒さ!

運良く『コーラス・ライン』のチケットを半額にて入手。

 

 

Rep1370048 途中の地下鉄にて。

壁もアート作品のキャンバス。

 

 

 

ニューヨークの地下鉄は均一料金ですが

2ドル(240円)とやや高め。

 

 

Rep1370208五番街の風景。

マンハッタンは車の渋滞で有名。

タクシーを使うと高くつきます。

 

 

 

夕方から夜にかけて、エンパイア・ステートビルの展望台へ。

 

通常、夏のシーズンでは23時間待ちになるという展望台も

寒さのためか人もまばらで、並ばすに入場できました。

 

Rep1370087空も晴れていて、宝石のように美しい夜景が。

こちらはマンハッタン南側。

 

 

 

Rep1370083北側。

五番街の光の帯が見えます。

 

 

 

 

Rep13701068時からはミュージカル鑑賞。

当日購入したにもかかわらず席は前から6列目で

迫力のステージを堪能しました。

 

 

 

| コメント (0)

2007年1月30日 (火)

■ニューヨーク/アメリカ 33ヶ国、115都市目(188日目)

気温30℃のマイアミから0℃のニューヨークへ。

寒暖の差が激しい移動が続きます。

 

空港にてチェックインをすると、荷物が15kgに減っていました。

行きの成田空港での約半分。

 

 

到着後、早速街中へ。

まずは徒歩でホテルの近くにあるアメリカ自然史博物館へ。

それにしても寒い。。

 

Rep1360811アメリカのみならず、世界の動植物に関する展示。

特に海に関する内容が豊富。

 

 

 

 

Rep1360837夜はマジソン・スクエア・ガーデンで

NBAの試合を観戦。

 

 

 

Rep1360841ロスアンゼルス・レイカーズ対

ニューヨーク・ニックスの好カード。

人気の2チームだけあって、3ヶ月以上前に

チケットを予約したのですが、末席しか残っておらず。

 

Rep1360893地元ニューヨークでの試合ですが、相手のスーパースター、

コービー・ブライアントを目当てに、多くのレイカーズのファンが。

しかし怪我をしているのか、なぜか欠場。非常に残念。

 

 

 

 

 

試合前の国歌斉唱の様子↓(動画)

試合前の練習の様子↓(動画)

 

Rep1360842試合のほうは一進一退で最後まで白熱し、

見ごたえ十分。

 

 

 

ラスト10秒まで試合は均衡し、9994で地元ニックスの勝利。

ニューヨーク初日から夜のエンターテイメントを満喫しました。

 

 

今日のHOTEL <Hotel Belleclair > ■■■□□

都会のマンハッタンだけあって、料金の割に部屋は狭い。

地下鉄からは徒歩3分と便利。)

 

| コメント (0)

2007年1月29日 (月)

■マイアミ/アメリカ 33ヶ国、114都市目(187日目)

昨日から2泊、マイアミ空港内ホテルに滞在。

 

少し街に出ようとも思っていたのですが、空港内に郵便局があって

小包も送れることが分かり、急遽日本へ不要な荷物を送り返すためにパッキング。

 

以前パリから送り返しましたが、今回はほとんどお土産関係。

南米から続いた旅でたまった荷物を一気に送付。

 

Rep13607812人分で合計20kg近い荷物に。

送料約180ドル(20,000円)。

少々痛い出費。

しかし重さには替えられません。

 

身軽になって、残るニューヨーク、オーストラリアとアジアの移動に備えます。

 

| コメント (1)

2007年1月28日 (日)

■マイアミ/アメリカ 33ヶ国、114都市目(186日目)

8時、定刻どおり船はマイアミに帰港。

 

一気に2000人以上の乗客が下船するために少々混雑。

手続きや入国審査で30分近くかけてようやく下船できました。

 

そのサービスの良さと数々のアトラクションで大満足のクルーズ。

リピーターが多いのも頷けます。

 

私たちもいつかまた機会があれば、このクルーズには参加することでしょう。

おススメです。

 

| コメント (0)

2007年1月27日 (土)

■マイアミ/アメリカ 33ヶ国、114都市目(185日目)

本日はマイアミへの帰港のため1日中クルーズ。

 

Rep1360723旅の疲れを癒すせいか

プールやサイドデッキでくつろぐ人が多く

いつも以上に賑わっていました。

 

 

 

Rep1360757クルーズ最後のディナー。

ディナー中、従業員全員総出で歌のコーラス。

 

 

 

一週間の長い間サービスしてくれたウェイターたちとも別れ惜しく

みなそれぞれ記念撮影をしたり、最後の挨拶をしていました。

 

| コメント (0)

2007年1月22日 (月)

■マイアミ/アメリカ 30ヶ国、110都市目(180日目)

本日は最初の上陸地、ベリーズへ向けてクルーズの1日。

 

このクルーズ、マイアミ発の中では最もメジャーなものの一つ。

8日間中、前後2日は移動のみで、中4日をカリブ海の島々に寄航。

 

ベリーズ(ベリーズシティ)→

ホンジュラス(ロアタン島)→

ケイマン諸島(グランドケイマン)

メキシコ(コズメル)

 

の順に1日ずつ回ります。

 

それぞれの島で豊富なオプショナルツアーが組まれており、

各自申し込んで参加するスタイル。

  

 

乗客層は老若男女様々。

ざっと見たところ、

 

お年寄り3

現役引退したての夫婦3

現役夫婦、家族3

若者カップル1

 

といた具合。

ほとんどがアメリカ本土、カナダからの乗客。

アジアからの参加者はほぼ見当たりません。

 

そして何と乗客の8割が体格の良い(脂肪が豊満なという意味で)方々。

そのうち1割は関取も驚くスーパー級!

 

このクルーズ、提供される食事が美味しいのに加え、

アルコールドリンク以外、ケーキやアイスなどのデザートも含め食べ放題。

朝、昼、夕食と一応時間は決まっているのですが

基本的に24時間開いているレストランが少なくとも1つはあるので

彼らにとっては食のパラダイス。

さすがに一皿に盛っていく量も違います。

島々でのオプショナルツアーに参加するよりも

食事がメインなのでしょう。

 

また、車椅子での参加者が多いのもこのクルーズの特徴。

身障者やお年寄りにも対応したバリアフリー設計。

 

 

船内を散策。

 

Rep1350691昼間からカジノは賑わっています。

 

 

 

 

Rep1360172プール、ジャグジーも盛況。

 

 

 

 

Rep1360731屋上デッキにあるバスケットコート。

 

 

 

 

Rep1350610メインの7層吹き抜け。

面して4基のシースルーエレベーター。

その他計14基ものエレベーターが。

 

 

 

 

 

Rep1350603ビュッフェ形式のレストラン。

上述のとおり24時間オープン。

種類は豊富。

 

 

Rep1350694ショッピングフロアー。

土産物や貴金属のショップが多い。

基本的に免税なので

ショッピング目的の乗客も多いのでは。

 

 

Rep1360185_1夕食時には定時になると音楽がかかり始め

ウェイター、従業員ら総動員でダンスショーが。

テーブルの上に乗って踊りまくるウェイターたち。

 

 

給仕係はテーブルごとに決まっていますが、胸のワッペンで

どこの国出身の人かが分かります。

各国様々で、私たちのテーブルは、タイ、インドネシア、ロシアからの従業員。

 

 

ベッドメイキングは毎日昼夕と2回ずつ入り、

普通のホテルよりもサービスは良好。

 

Rep1350718 部屋に戻ると、動物をかたどったタオルアートが

ベッドに用意されていたりします。

 

 

 

 

 

 

Rep1350822夜にはシアターでマジックショー。

ラスベガススタイルのショーが基本で

毎日演目は変わり、2回制。

 

 

 

Rep1350705夜の屋上デッキ。

夜も1時を過ぎようやく静かに。

 

 

 

Rep1350713_1屋上にはランニングトラックがあり

夜中だというのに走っている人も。

 

 

 

 

1日では回りきれないほどの多くの施設とイベント。

これで1週間、飽きることは無いはず。

 

| コメント (0)

2007年1月21日 (日)

■マイアミ/アメリカ 30ヶ国、110都市目(179日目)

本日から78日で、カリブ海クルーズに参加。

 

カリブ海クルーズには「東カリブ」コースと「西カリブ」コースがあるのですが、

今回は、ベリーズ、ホンジュラス、ケイマン諸島などを回る、

後者の「西カリブクルーズ」に参加。

ちなみに「東カリブ」はバハマ、ジャマイカなどを回り、マイアミからは少し遠い。

 

同じコースの中でも船の種類が多くあり、

今回選んだのは「カーニバル・ヴァラー」号。

200412月に就航したばかりの新しい船体。

 

全長294メートル、

総重量110,000トン。

乗客数約3000人収容!

 

かなり大きいと思ったのですが、上には上があり、

中には全長338メートル、総重量160,000トン、

乗客数約3600人という超豪華客船も。

(2006年現在、世界最大の客船。フリーダム・オブ・ザ・シーズ号)

 

何しろ、船内にアイススケートリンクがあったりするのもあるようで。

ちなみにスケートの村主章枝選手の妹が、そのクルーズ船の

アイススケートショーに専属で出演しているとか。

 

しかし予算の都合もあり、今回はこのカーニバル・ヴァラー号に落ち着きました。 

 

 

Rep1350574出航前。

以前8月にヘルシンキから乗った

「シリヤライン」よりかなり大きい。

 

 

Rep1350582午後1時に乗船開始。

すでに多くの人で賑わっています。

 

 

 

この旅で数回クルーズには参加しましたが、間違いなく今回が一番豪華!

 

Rep1350612部屋の様子。

折りたたみではないベッドに感動。

でもコレ、窓無しで最低ランク。

しかし室内に大きな荷物も置けるほど

            十分なスペースがあり満足。

 

 

 

出航までの間、船内を散策。

 

Rep13506646基並んだエレベーターホール。

そこらのホテルより遥かに豪華。

 

 

 

Rep1350660「ショーグン」という名のカジノ。

日本の鎧がインテリアに。

 

 

 

Rep1350663イベントホール。

8日間中、何かしらのイベントが次々と。

 

 

 

Rep1350654広い屋上デッキ。

ウォータースライダーがあります。

すでにジャグジーでくつろぐ人も。

 

 

昼食のビュッフェを済ませ(種類豊富で豪華でした)、

明後日から始まるオプショナルツアーを選んで決めなければならず

今日一日は下準備だけで終了しました。

 

| コメント (0)

2007年1月20日 (土)

■マイアミ/アメリカ 30ヶ国、110都市目(178日目)

明日からカリブ海クルーズに参加するため、基点となるアメリカの街、アイアミへ。

 

マイアミはそのビーチで有名ですが、カリブ海へ行くクルーズ船の多くが

ここマイアミから出航します。

 

本日は観光も出来ないのでそのまま空港内のホテルで1泊。

 

Rep1350564空港の出発コンコースに面して

ホテルのレセプションがあり非常に便利。

 

 

 

ゆっくりと空港内の店などを見て回れて、しかもすぐにホテルの部屋に戻れるという

普段と違う感覚に、思いのほか楽しく過ごせました。

 

 

今日のHOTEL <Miami International Airport Hotel > ■■■□□

空港内にあり利便性は抜群。

 しかし価格に見合う設備ではなく、お得感は少ない。)

 

 

都市の物価:  水500ml 1.2ドル(145円)

          コーラ500ml 1.4ドル(170円)

          スターバックス・ラテ トール 2.99ドル(360円)

          ビックマック 3.29ドル(390円)

| コメント (0)